日頃の食事を気をつけることで痛風などの病気予防

ウォーキング

製薬会社のEPAサプリ

サプリメント

EPAにはダイエット効果の他に血液をサラサラにする効果があって健康に良い成分です。持田製薬EPAサプリメントは製薬会社が作ったサプリで品質が高い商品です。健康な体作りを目指している人はサプリでEPAを取りましょう。

Read More...

飲みだけで元気な身体に

笑顔

疲れが溜まってしまい朝起きるのも辛い人はサプリメントで疲労回復することもできます。サプリメントは非常に便利で自分に不足して成分をピンポイントで摂取することができます。

Read More...

人口の10%の病気

サプリメント

糖尿病は日本人の全人口の10%が苦しんでいる生活習慣病です。とても怖い病気ですが、サプリメントで予防することができます。シナモンやDHA・EPAなどが糖尿病予防の代表的なサプリメントです。

Read More...

プリン体と水

食事

近年、痛風は年代や性別に関わらず悩んでいる人が多い病気です。痛風予防にはまず自分の適正体重を知ることです。健康診断で肥満と診断されたり、食生活が乱れ肥満気味の人だったり、自分の体重を気にすることは大事です。そして、一番大事なのが食事です。痛風は毎日の食事をバランス良く食べることで予防することができる病気です。

痛風と聞くとプリン体をイメージする人も多いかもしれません。プリン体が多く含まれている食品は、レバーや魚卵、えび、干物、かつお、いわしなどが代表的です。これらの食品はまたに食べるのは良いのですが、毎日続けて食べることは控えたほうがいいでしょう。そして、プリン体はビールにも多く含まれる成分です。仕事が終わって夜に食事と一緒に飲むビールはとても美味しく、明日への活力にもなります。しかし、ビールを毎日大量に飲むことはプリン体を大量に摂取してるのと同じことです。休館日を作ったり、食事の際のビールを減らすなどしたり、自分ができる範囲で痛風対策してみましょう。また、痛風を簡単にできる対策には水を飲むことがあります。水をたくさん飲むことによって尿酸が体外に排出されるからです。食事の際にはビールではなく、水をたくさん飲んだほうがよいでしょう。水は他にも夏場の脱水症状を防ぐなど生物には欠かすことができません。一日に2リットル以上を目安に水を摂取することを心掛け、尿酸値を下げて痛風予防をしましょう。